完全ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリット(お勧めはAirPods Pro)

甘党です。今回は完全ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリットを紹介していきます。

くま

完全ワイヤレスイヤホン欲しいなあと思っているけど実際にどうなの?

くま

AirPods Proって本当に良い商品なんか?

こういった悩みをお持ちの方に向けた記事となっています。

この記事を見て分かること

完全ワイヤレスイヤホンについて理解→自分の好みかどうか分かる

AirPods Proの魅力が理解→AirPods Proは本当に良いのか判断でき、「買ってからの後悔」を防げる

それでは参ります。

目次

完全ワイヤレスイヤホンのメリット

ケーブルが無くなり使いやすさup

コンパクトで楽々

イヤホンで操作も出来てしまう

断線とはおさらばできる

運動の時に邪魔にならない

この5点が挙げられます。

ケーブルが無くなり使いやすさup

完全ワイヤレスイヤホンは有線イヤホン特有のケーブルが無くなり、使いやすさは格段に上がります。

スマホで利用する際ケーブル型のイヤホンですとしっかり差し込むことによって扱うことができるので移動する場合常に持ち歩かなければいけませんし、著者自身も外に持ち込んだ時「よし使うか」とバックから取り出したら他のケーブル・モノに絡まっていたという経験があります。

ケーブルがあるだけで少々ストレスを感じましたし、「ケーブルが無ければ無駄に動かなくて済む」と考えていました。

完全ワイヤレスイヤホンにすることでスマホから離れても音楽や音声を聴くことができ、皿洗い・掃除といった時に聴きながら行えますし、わざわざ2階から物を取りに行くといった時に動画を止めずにそのまま聴きながら取りに行けるので動きもスムーズになりました。

コンパクトで楽々

完全ワイヤレスイヤホンは写真の様にコンパクトに収納ができるようになってきています。

ケーブルですとしまう際に折りたたんだり絡まらない様に縛ったり必要な道具が増える手間がかかるといったことがありました。

しかしコンパクトなケースにしまうだけの完全ワイヤレスイヤホンならバックの小さいスペースズボンのポッケにしまうだけでOKです。ケースからワイヤレスイヤホンが落ちることもないので安心して外に持ち運びが出来ます。

イヤホンで操作も出来てしまう

スマホで動画を止める・次の動画に変更するといった際にはめているイヤホンから操作することができます。

イヤホンで操作が出来ればスマホが届かない所にあってもその場を離れることなく操作ができるので音楽を聴きながら作業している時にスマホで操作したついでにSNS・YouTubeを見てしまうといったことが無くなります

くま

スマホの誘惑に惑わさなくて済みそうだ…

断線とはおさらばできる

有線イヤホンでは何度も曲げたり折りたたんでしまうとケーブルが切れてしまい使い物にならないということが起こります。

しかし完全ワイヤレスイヤホンであればケーブルという概念がない為断線で壊れるということとおさらばすることができます。

それにより使い続けることができ、壊れたから直ぐに買い替えるということが無くなります

運動の時に邪魔にならない

StockSnapによるPixabayからの画像

有線の場合ケーブルがトレーニングの妨げになるので服の中にケーブルを入れるといった方法でトレーニングを行っていました。

しかし激しいトレーニングになるとイヤホンを付けながら行うことはできないのでBGMをたれ流し状態で行っていました。

そうなってしまうと外の音で聞こえなくなることもあり集中力低下を引き起こしてしまいます。

完全ワイヤレスイヤホンに替えてから常にトレーニングのBGMを聴きながら行えるのでモチベーション集中力を保ち続けることができます。

完全ワイヤレスイヤホンのデメリット

無くす可能性がある

充電しなければならない

遅延する時がある

この3点が挙げれます

無くす可能性がある

完全ワイヤレスイヤホンはコンパクトな分小さい為無くしてしまう可能性があります。

もしイヤホン・ケースを無くしてしまうと

片方で聴かなければならなくなる

充電ができない

ケースがただの箱になってしまう

こうした恐れがあります。

無くさないようにするためにも、置く場所しまう場所決めたり、イヤーピースで自分の耳に合わせるようにするといった対策を行い無くさないようにしましょう。

充電しなければならない

完全ワイヤレスイヤホンはバッテリーを使用して稼働しています。充電が無ければ動くことができず単なる耳栓になってしまいます。

ですのでマメな充電バッテリーがどれほどあるのかの確認を行い「バッテリーが無くて使えなかった」なんてことが起こらないようにしましょう。

商品名価格連続再生時間ケース込み
YMAHA TW-E3A 83/1306800円(税込み)6時間24時間
MAVIN Air-XR 88/1309700円(税込み)10時間30時間
SOUNDPEATS Sonic4980円(税込み)15時間35時間
Key Series EP-T18NC9008円(税込み)7時間24時間

また完全ワイヤレスイヤホンにもバッテリーができるだけ長持ちするモノもありますので試しに見てみるのもいいでしょう。

ガジェパ
連続200時間超えも!バッテリーが長持ちする無線イヤホン9選はコレだ!
連続200時間超えも!バッテリーが長持ちする無線イヤホン9選はコレだ!どうせならバッテリーが長持ちするワイヤレスイヤホンが使いたい!っという人向きに バッテリーが長持ちするオススメイヤホンをいままで無線イヤホンを50個くらい買ってき...

ガシェパさんのこちらの記事に分かりやすくまとめられているので一緒に読むのがオススメです。

遅延する時がある

有線イヤホンと違い完全ワイヤレスイヤホンは通信の遅延が発生してしまう場合があります。

遅延する理由は端末とイヤホンを接続し、そこから左右のイヤホン同士の接続をしなければいけないため遅延が生じてしまうのです。

遅延が発生してしまうと

楽しく・快適にゲームや動画が見れない

ストレスが溜まる

折角買ったのに後悔してしまう

こうしたことになってしまいます。

遅延を防止したいのであれば対策がされている完全ワイヤレスイヤホンを購入するか、ゲームや動画の時だけ有線イヤホンに切り替えるといった方法を試してみましょう。

公式サイト→https://mirise-inc.jp/shopdetail/t5.html

自称ゲームと動画に最適!怪しいゲオのイヤホンの実態に迫る

公式サイト→https://www2.razer.com/jp-jp/gaming-audio/razer-hammerhead-true-wireless-earbuds

遅延が少ないコスパ最強ワイヤレスイヤホン Razer Hammerhead True Wireless Earbuds をレビュー!【Bluetooth ゲーミングイヤホン】
【Razer Hammerhead True Wireless】ゲーム最強!?Razerの完全ワイヤレスゲーミングイヤホンを2週間使ってみた感想

こちらの2つの商品はどれもゲーミングモードを搭載しているので安心してゲームを楽しむことができます。

しかしその中でもずば抜けてオススメする商品があります。次にその答えがあります。

著者がオススメする完全ワイヤレスイヤホン:AirPods Pro

公式サイト→https://www.apple.com/jp/airpods-pro/

完全ワイヤレスイヤホンでお勧めしたいのは知る人ぞ知るAirPods Proです。

手に入れてから2ヶ月程経った現状で良い点・悪い点を紹介していきます。

悪い点

耳が痛くなる

AirPods Proはカナル型イヤホンで密着型なので耳が痛くなってしまいます。

耳が痛くなってしまうと音楽をゆっくり聴けませんし、ゲームにも集中できません。

そういった時にAirPods Proにはしっかりとイヤーチップのサイズ調整が行えます。

最初からMサイズが装着されているので痛い場合はSを逆にサイズにはまらない場合はLサイズを選びましょう。

またそれでも痛くなる場合はイヤホンの角度を調整しましょう。

写真の様にイヤホンをできるだけ縦にしてはめることで痛さを無くすことができます。

これでAirPods Proを耳につけても痛くならない!!ほぼ完璧な装着方法を発見したのでぜひ試してください!コレでダメなら諦めるしかないかもしれない。

こちらの動画でより詳しく説明されているので是非セットで見てください。

AirPods Proの良い点

ノイズキャンセリング

外部音取り込み

空間オーディオ

この3点が挙げられます。

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリングとはマイクで外の音を拾い、外の音とはまる音でノイズを打ち消してくれる機能です。

ノイズキャンセリングがあるだけで自分の世界に集中することができます。

実際に著者もノイズキャンセリングを使って何度もトレーニングを行っていますが周りの音が聞こえることがなく、集中して行うことが出来ています。

また耳で聴いているよりか耳と脳で聴いている感覚がありトレーニングのBGMが頭の中に入ってきてパワーとモチベーションを爆上げしてくれます。

この様にノイズキャンセリングがあることで

BGMを脳で聴けるので作業や筋トレに対してのモチベーションが向上

外の音が入って来ないので集中することができる

こうした良さがあります。

外部音取り込み

外部音取り込みとは外の音がしっかり聞こえつつ、端末から流れている音もクリアに聴こえる機能です。

この外部音取り込みのおかげで誰かに話しかけられた時にわざわざイヤホンを外す必要が無くなります。

例えば外でのランニングをする際に音楽を聴きながらでもいち早く危険を察知できますし、音楽を聴きながら皿洗いしている時に話しかけられても濡れた手を拭いてからイヤホンを外すことなく反応することができます。

空間オーディオ

映画館のような全方位から音に包み込まれる感覚を味わうことができる機能です。

この機能を使うことでより感動と迫力がUPすることができます。

実際にAppleTVで見ることができる映画の予告を空間オーディオをONにして視聴してみましたが、本当に映画さながらの迫力で全方位に音が流れているのを実感しました。

しかしこの空間オーディオはAppleTVしか対応していない状況ですがこれからドンドン空間オーディオ対応動画サイトが増加するのが予想されます

まとめ

最後に確認していきましょう。

完全ワイヤレスイヤホンのメリットは

ケーブルが無くなり使いやすさup

コンパクトで楽々

イヤホンで操作も出来てしまう

断線とはおさらばできる

運動の時に邪魔にならない

完全ワイヤレスイヤホンのデメリット

無くす可能性がある

充電しなければならない

遅延する時がある

AirPods Proの悪い点は

耳が痛くなる

AirPods Proの良い点は

ノイズキャンセリング

外部音取り込み

空間オーディオ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

少しでも生活に役立てる情報発信をモットーに書いています。

TwitterInstagramnoteもやっているので是非覗きに来てください…!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる