生活を変えるには目標・環境・行動の3ステップです

甘党です。皆さんは生活を変えたいと考えたことはありますか?

生活を変えると新しい自分に生まれ変わったと実感できますよね。

しかし生活を変えたい!と考えていても上手くいかないこともあります

くま

自分の生活だらしないからもっと自分にプラスな生活へと変えたい

くま

そうする為にもどうするべきか知りたい

そういった方々に向けた記事となっています。

この記事を見て分かること

生活を変える展開が分かる→変え方の基盤が出来ているため後はどういった取り組みをするのか考えるだけ

目標達成ができない時の対策が載っている→すぐさま取り組むことが出来る

では参ります。

目次

なぜ変えたいと思ったのかを明確にしよう

Photo by Marten Newhall on Unsplash

まず生活を変えるべき理由を明確にしていきましょう。

闇雲に変えていても途中で「何の為にしているのか」という状態に陥ってしまう・時間を大きく無駄にしてしまうといったプラスな方面に行くどころかマイナスな影響へと変わってしまいます。

そうならない為にも「なぜ生活を変えたいと思ったのか」まずは考えてみましょう。

明確にしていくコツ

明確にする為にはまず自分が生活を変えようとしたキッカケを振り返ってみましょう。

朝起きるのが遅い

無駄にスマホばかりいじる

なにか趣味が欲しい

こうした自分の生活を変えようとするキッカケになった出来事を思い出してみましょう。

少しでも振り返ることで二度と味わいたくないという気持ちが強くなり、より一層生活を変えようと努力するようになります。

明確にしたら次は対策です。対策の際考えるポイントが3つあります。その3つの説明はお次へどぞ。

目標・環境・行動が非常に大事

生活を変える為の次なるステップは目標・環境・行動にあります。

くま

なんでこの3つなの?

例えば目標を決めていけばゴールを把握することができますし、環境が整えば十分に問題に取り組めます

また適した行動を見に付ければ無駄な時間をかけずに生活を変えていくことが出来ます

なので「生活を変えていく!」と考えているのであれば目標・環境・行動をしっかり考えていきましょう。

それでは目標から説明していきます。

目標を立てる

Photo by Leon on Unsplash

目標を立てるにも

大きい目標

小さい目標

この2種類があります。

大きい目標

大きい目標というのはゴールを指します。

自分がこうありたいという姿がまさに大きい目標のことを指しているのです。

ここでの設定は自分が本当になりたい姿を想像して決めてください。

大きい目標での例として

5月までに-10キロ痩せる

スマホを1日1時間までに抑える

ブログで月1万円稼ぐ

こうした目標を立てていきます。

ここでのポイントは数字を使うとより目標が明確になり達成しなければならないという気持ちにさせてくれます。

躊躇せず大きくドンと目標を立てていきましょう。

小さい目標

小さい目標とは大きい目標を達成する為に行われる段階的な目標です。マラソンで例えますと給水地点ですね。

大き目標を達成する為には細かく小さい目標が必要になっていきます。

小さい目標を設置しておくことで

挫折防止

モチベーション向上

こうした良さがあります。

なぜ挫折防止になるのか?

小さい目標を作り達成させることで自分自身の成長を気付かせることが出来ます。

大きい目標をひたすら追っていても目標が大きいため達成する時間も長くかかってしまいます

そんな時になかなか達成できない自分を責めてしまい「自分には出来ない目標だった」と決めつけてしまい挫折してしまうことがあります。

しかし小さい目標を作り達成することで「自分は着々と目標達成に近づいてきている」と実感するようになり挫折する恐れがなくなります。

なぜモチベーション向上に繋がるのか?

小さい目標を達成していくことで「目標を達成してやる精神」向上していき、達成した小さい目標よりも少し大きい目標に挑戦したい!という気持ちが湧きでてきます。

そうすることで目標達成のために効率のいい方法を生み出そうとしたり、前よりも目標達成に向けて情熱を注ぐことができます。

くま

つまり成長の起爆剤ってことか…

環境を整える

Photo by Annie Spratt on Unsplash

環境というのは生活を変えることができる人間関係場所状況を指しています。

環境を整えることで「生活を変える」という気持ちを高めることができます。

例えば、あなたは数学のテストで100点を取ろうと考えています。その為テスト1か月前から対策に取り組もうとしていますがA環境は「そんな早くやっても意味ないって」と言っていますが、B環境は「テストはそれぐらいから始めるモノ」と認識しています。

明らかにB環境の方が整っていますね。B環境なら解けない問題を教えてくれたり、勉強のモチベーションが上がったりとあなたにとってプラスな効果しかありません。

逆に環境を整えなければ生活を変えるモチベーションが低下する恐れがあります。

だからこそ環境を整えて生活を変える気持ちを高めていきましょう。

環境を整えるには

環境を整えるには

自分から作り上げる

環境に飛び込んでいく

といった動きがオススメです。

環境が自分に適している状態まで待っていても時間が過ぎるだけで無駄です。

自分から知人や友人に「〇〇してみよう」と声をかけることが大事です。

現実の生活で満足に環境が作れなかったらSNSを活用して作っていきましょう。

例えば「朝活を頑張りたい」と考えているのであればTwitterで#朝活と打つと朝活を行っている人達のツイートを拝見することができます。

その人とTwitter内で話しかけたり、お互いにエールを送れば朝活へのモチベーション向上へ繋げることができます。

くま

SNSを有効活用することも大事だねえ

行動する

Photo by Marten Bjork on Unsplash

目標を決め、環境を整えたとしても行動しなければ何も始まりません。

まずは行動し、そこから調整するところは調整をしていき目標達成を目指していきましょう。

また1回の行動だけで判断してしまっていけません。何度か行ってから「自分にこの方法が適しているのかどうか」の判断を行いましょう。

お次はもしうまくいかなかった場合の対策の説明をしていきます。

目標通りにいかない時の対策

目標を見つめ直す

やり方を調べる

少しのお休み

この3点です。

目標を見つめ直す

目標がなかなか達成できないとなると目標を見直す必要があります。

まず達成できない理由が必ず存在します。

目標の難易度が難しすぎる

自分の力では達成できない目標を設定している

目標設定がしっかりできていない

など、色々な原因が目標達成の弊害になっている可能性があります。

まずは自分が掲げた目標は実際にどうだったのかを考える必要があります。

もし無理だったのかも…と思ったのなら目標を変更しましょう。

達成できない目標を追い続けてしまっては時間の無駄ですし、なかなか達成できない自分に嫌気がさし挫折する恐れもあります。

もう一度目標設定を1からやり直し、自分が少しの努力で達成できそうな目標に切り替えましょう。

甘党

目標変更前の自分がどんな状態だったのかを思い出しながら目標設定するのがオススメです。

やり方を調べる

目標が達成できない原因にやり方が違う効果的ではない方法を試している可能性があります。

もし何度も試して達成できないのであれば1度調べてみましょう。

調べることで

目標達成のための知識が増え達成のために活かすことができる

モチベーションが上がるので挫折する確率を減らすことができる

甘党

調べることも目標達成の為の大切な行動です。

少しお休みしよう

思うように行かないことも沢山あります。

そうした時は1度お休み期間を設けるのがオススメです。

なかなか達成できない時は心がモヤモヤしますし、そうした日が続くと目標を追いかけるのが辛くなってしまいます

挫折防止・気持ちの切り替えの為にも目標を追いかけない生活をするのも大切です。

毎日朝の6時に朝活を行うことを決めていたけど今日はゆっくり寝る

仕事後に筋トレ1時間と決めていたけど今日はOFFにする

こうした休み期間を設けることで「また頑張ろう」という気持ちに切り替えることができます。

しかし注意点としてはズルズルとお休み期間を設けるのはNGです。

多くとも1日程度のお休み期間に収めるようにしましょう。

まとめ

最後にまとめて確認していきましょう。

なぜ変えたいと思ったのかを明確にしよう

→明確がしっかりとあれば「何の為にしているのか」という疑問を持つことがなくなる

目標・環境・行動が非常に大事

目標を立てる

大きい目標小さい目標を立てる

環境を整える

行動する

目標通りにいかない時の対策は

目標を見つめ直す

やり方を調べる

少しのお休み

生活を変えることは難しいことかもしれませんがゆっくり焦らず頑張っていくことが大切です。気軽に行きましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる