(冬好きな人必見)冬が嫌いな理由と乗り越える方法

甘党です。皆さん冬はお好きですか?

中には「冬が嫌いだ!」という方もいるでしょう。

「どうして冬が嫌いなのだろうか?」といった冬嫌いの人を理解したい!という方にピッタリの記事となっています。

今回の記事構成

冬が嫌いな理由

冬をうまく乗り越える方法

記事を見て分かること

なぜ冬が嫌いなのかが分かる→冬が嫌いな人との関わり方の参考になる

冬の楽しみ方が分かる→冬のことが少しでも好きになれる

それでは説明していきます。

目次

冬が嫌いな理由

嫌いな理由としては

寒い

雪が降る

太ってしまう

ウイルスが流行る

お金がかかる

この5点です。

寒い

冬=寒いというのはセットですよね。外にでた瞬間、体がもう「ガクブル」と震えてしまいます。

くま

そもそもなんで寒く感じてしまうのだろうか?

それは“人間が放熱”しているからです。人は代謝によって熱が作られ、それを放熱させながら生活しています。

そしてこの人体の放熱には

体温が暑い→放熱は小さい

体温が寒い→放熱は大きい

この2点の特徴があります。

つまり、体が冷えるとその分放熱が多くなり、体の中の熱が無くなっていき”寒いと感じてしまうのです。

寒いと感じてしまうことで

何かをしようする気にならない

普段の動きより鈍くなる

ストレスを感じる

こうしたことがあげられます。

雪が降る

小さい時は「わーい雪だ!」と喜んでいましたが、今では「雪か…。やめてくれ…。」と思うようになりました。

雪が降ることで除雪作業や交通機関の乱れが起こってしまい、時には立ち往生といったことも発生します。

雪の中での立ち往生で恐ろしいポイントは

暖房のためにエンジンをつける→マフラーの出口がふさがれ一酸化炭素中毒に

トイレの問題

水分が不足し、脱水症状・エコノミークラス症候群のリスク急増

といった恐ろしさがあります。

雪が降る=喜ばしいことではなく、むしろ気を引き締めなければならないことなのです。

太ってしまう

冬は行事が多く、おいしい食事がたくさんありますよね。クリスマスケーキ・おせち・おもちなど…。

しかし冬は食欲が増加しやすく太りやすいってことを知っていましたか?

くま

えぇ…。なんでよ。

なぜ食欲が増加しやすくなってしまうのか?

それはセロトニンというホルモンが関係しています

セロトニンとは日光に当たることで分泌されるホルモンで食欲を抑えてくれる効果があります

しかし冬の場合、悪天候続きの影響で日光に当たることが出来なくなり、ホルモンの分泌が行われず食欲が増えてしまうのです。

太ることで

着ることができた服が着れない

ダイエットしなければならない

くま

お気に入りの服が着れなくなるのは嫌だな

ウイルスが流行る

インフルエンザや風邪・コロナウイルスなどこの時期は特に気を引き締めていかなければなりません。

くま

確かに…。けど冬になんで流行りやすいんだろう?

流行る理由としては

人の免疫系が寒さによって弱い状態にある

15℃以下の気温・40%以下の低い温度によりウイルスが空中に浮遊しやすくなる

この2点があげられます。

もしウイルスにかかってしまうと

治るまで安静にしなければならない

誰かに移ってしまいその人に迷惑がかかる

くま

楽しいイベントもあるのにそれは嫌だな…。

お金がかかる

冬の中でも特にお金がかかるのが

電気代

洋服代

この2点が考えられます。まずは電気代がどれほどかかるのか下の表をご覧ください。

時期夏の電気代(2019年7月~9月)冬の電気代(2020年1月~3月)
1人世帯5,330円6,535円
2人世帯8,832円11,396円
3人世帯9,965円13,117円
4人世帯10,867円14,329円
5人世帯11,306円14,910円
出典:夏の電気代と冬の電気代の平均はどちらが高い?意外な結果がわかりました

表から見て分かります通り、冬の電気代の方がかかっています。

差額はこちらです。

1人世帯→1,123円

2人世帯→2,564円

3人世帯→1,051円

4人世帯→1,151円

5人世帯→3,604円


出典:夏の電気代と冬の電気代の平均はどちらが高い?意外な結果がわかりま
くま

これはイタイ…。

冬服代も多くかかってしまいます。

服の中でも特にアウター(一番上に着る服)がかなりお金をかけてしまいます。

くま

詰みですねこれは

こうしてみると冬は四季の中でも嫌な季節なんだなと思うかもしれません。

しかし、そんな冬をうまく乗り越える方法があります。

お次はその説明をしていきます。

冬をうまく乗り越える方法

うまく乗り越える方法は

筋トレをする

冬限定イベントを楽しむ

節約をする

この3点です。

筋トレをする

筋トレをすることで体が暖かくなる、こうした効果もありますが、冬は痩せやすい季節でもあります。

くま

太りやすくて痩せやすいってどういうこと…。

人間の体が「寒い」と判断するとエネルギーを使って体温を上げていき、そのまま保とうとする働きがあります。

グラフを見て分かりますとおり、11月からどんどん基礎代謝が上がっていくのが分かります。

今この時期にダイエットをすれば夏にやるより痩せやすくなるのです。

冬限定のイベントを楽しむ

クリスマス・大晦日・お正月・スノースポーツなど、冬だからこそ楽しめるイベントがあります。

そういったイベントを楽しめるようになっていくことで「冬も悪くない」という気持ちになります。

より冬限定イベントを楽しむのなら一人ではなく、家族・友人・恋人といった方と一緒に楽しむのがオススメです。

くま

一人でいるより誰かといると心も暖かくなるよね

節約する

お金がかかるのなら節約するのがオススメです。

例えば冬にとても活躍する暖房器具。でも使い方によってはお金をかけているのかもしれません。こちらの表をご覧ください。

広い空間全体を暖めるエアコン
狭い場所の空間全体を暖めるファンヒーター・オイルヒーター
自分だけを暖めたいホットカーペット・電気毛布
短時間だけ使う電気ストーブ・カーボンヒーター
手足が寒いこたつ・ひざ掛け
出典:10万円以上節約できるかも!?効果的な24の電気代節約術

その時々の場面で使い分けることで大きく節約を行うことができます。

エネチェンジさんの記事で暖房器具について詳しく書いているのでこちらもご一緒に目を通して理解を深めておきましょう。

また、服代も節約しておきたい所です。

服代の節約方法は

1 必要なモノを把握する

2 ネットで調べる

3 リサイクル商品を視野に入れる

この3点です。

1では無駄買い衝動買い防止に繋がることができますし、”必要なモノ”を購入したので「思ってたのと違う」「飽きてしまった」ということがなく大切に扱うことができます。

2では例として、”店頭で見つけたコートが欲しい”となった時に同じモノが安く販売していないかどうか調査するといった時に使います。こうした調査をすることで、店頭で買うより安く手に入れることができます。

3は純粋にオシャレをしたいという方にオススメです。誰かが使用した商品であっても、しっかり確認して購入すれば汚さもないしっかりとした服を着ることができ、おまけに値段も安いので多く手に入れることができます。

甘党

実際に僕もセカンドストリートで服を買ったりしています

くま

節約は工夫が大事だね…。

まとめ

それでは最後にまとめていきます。

冬が嫌いな理由

寒い

雪が降る

太ってしまう

ウイルスが流行る

お金がかかる

冬をうまく乗り越える方法

筋トレをする

冬限定イベントを楽しむ

節約をする

まだ冬は始まったばかりです。色々な工夫と思考を凝らしながらこの冬を乗り越えて行きましょう。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

少しでも生活に役立てる情報発信をモットーに書いています。

TwitterInstagramnoteもやっているので是非覗きに来てください…!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる