結輪:早起きは得ですが状況によって違います

甘党です。いきなりですが早起きは得だと考えていますか?

著者自身は得だと考えていますが中には得だと考えていない人もいます。

くま

早起きって実際に得しているの?

くま

これから早起き目指そうかと思っているけどどんな得があるの?

こうしたお悩みにむけた記事となっています。

記事を見て分かること

早起きは得ではない人もいる→新しい価値観を学び早起きを強要するということをしなくなる

早起きは得もある→早起きを実践しなければならないと気持ちに力が入る

では参ります。

目次

早起きは得ではないのか?

早起きは三文の徳と言いますが中には早起きに対して良く思っていない人もいます。

なぜ早起きが得ではないと思っている理由を考えてみますと

体調・気分が悪くなる

ずっと寝ていたいから

この2点が上げれます。

体調・気分が悪くなる

早起きをしてしまい気分や体調を悪くする人がいます。

もし出勤日に早起きしてしまい体調を崩してしまいますとその日の仕事を辛い思いをしながら行わなければなりません。

早起きをして気分・体調が崩れるのであればゆっくり寝ていましょう

実際に朝型人間夜型人間というのが存在し、三島和夫先生の研究ですと遺伝によって朝が得意か夜が得意か関係してくるそうです。

つまり人それぞれ違うので早起き=必ず得という訳ではありません。自分にあった起き方をしていきましょう。

ずっと寝ていたいから

ずっと寝てゆっくり過ごしたい…、という人も多くいます。

なぜそこまで寝たいのか?それはお布団が気持ちいいからです

お布団はとても居心地が良く、暖かく包んでくれます。

こういった方々はお布団に包まれることが1つの幸せと考えているのです。

著者自身もお布団に包まれることは大好きですが、それよりも体を起こす方が大好きなのでずっと寝るということはしません。

自分の幸せがどちらを理解することが大切です

もし早起きすることが得だ!と考えている方はお次の早起きは得だという理由に進んでいきましょう。

早起きは得だという理由

時間に余裕が持てる

朝活を行い生産性向上

健康的で気持ちがいい

行動時間が増える

体内リズムが整う

5点あげられます。

時間に余裕が持てる

早起きすることで遅く起きた時より焦りも少なく時間に余裕を持って行動することが可能になります。

例えば時間に余裕があることで

家事をすぐに終わらせられる

やり忘れていたことが行える

こうした良さがあります。

もし時間に余裕がない状態で朝の通勤・通学を想像してみてください。

あれもこれもと準備をしなければいけませんし、忘れ物や今日のすること・提出書類などの確認を行わなければいけません。

くま

うわあ、大変や…

多くのすべきことを時間に余裕がない状態で行うのは厳しいことです。

だからこそ早起きをすれば時間に余裕が生まれ焦らず行動することができます

朝活を行い生産性向上

早起きすることで朝活の時間が生まれ生産性を向上させることができます

朝活とは文字の通り、自分にとってプラスのことを行う活動のことをいいます。

あわせて読みたい
(解説付き)結論 朝活はメリットだらけです
(解説付き)結論 朝活はメリットだらけです甘党です。皆さんは朝活してますか?よくTwitterでも朝活を頑張っている方々が多いですよね。https://twitter.com/kzy_kinak0m0chi/status/1330243294807339015https://...

朝活のメリット・デメリットについて詳しく書いていますのでまだ読んでない方はこちらも読んでください。

そもそも朝は脳のゴールデンタイムと言われている程活発な状態にあります。

脳科学者の茂木健一郎氏

すると朝の脳は前日の記憶がリセットされるため、新しい記憶を収納したり、創造性を発揮することに適した状態になります

「朝の3時間」は、最速で仕事がはかどるゴールデンタイム

この様に話しています。

つまり朝は自分が行っている勉強や副業・趣味などの生産性を向上させる大チャンスなのです。

生産性を向上させることで

忙しくても自分のスキルアップが期待できる

朝に作業した分、ゆっくりできる時間も作れる

こうした良さが秘められています。

健康的で気持ちがいい

Avi ChomotovskiによるPixabayからの画像

早起きすると何だかダラダラと過ごして起きた訳ではないので「今日は健康的な生活しているぞ!」という気持ちに浸れることができます。

そういった気持ち良さがあることで今日一日の自信が付くキッカケになります。

しかし遅く起きた時は時間を「無駄にした」という気持ちが強くなり、自信が付くどころかやる気すら湧いてこなくなります。

そうならない為にも遅く起きないようにしなければいけません。

行動時間が増える

早起きすれば遅起きの人達よりも行動時間を増やすことができます

行動時間が増えることで発見できること出来ることが幅広くなります。

例えば旅館へお泊りに行った際に早起きすれば

朝風呂ができる

周りの探検ができる

施設内を十分に楽しめる

こうしたことが行えます。

遅く起きてしまうと朝風呂にも入る時間もありませんし、施設探検や周りの散策なんてもっと無理でしょう。

早起きするかしないかで旅行の楽しさは十分に変わってきます。

また他にも行動時間が増えることで

友達・家族・大切な人と長く居れる

出かける時、行先の選択肢も増える

こうした良さがあり、早起きするだけでかけがえのない時間へとなります。

体内リズムが整う

早起きすることで体内時計の役目を果たしてくれているメラトニンがリセットされ15~16時間後に眠気へと誘うように設定してくれます。

もしこれが遅起きだった場合、リセットが不十分になり活動時間にもかかわらず眠くなるといった現象が起こってしまいます。

こうなってしまうと

生産性が下がる

周りからの評価も下がる

仕事が残ってしまい周りに迷惑をかける

といった事態になりかねません。

そうならない為にも早起きし、適切な体内リズムを心がけましょう。

お次は早く起きる方法をご紹介します。

早く起きる方法

自分の寝起き質を知る

早めに寝る

2点あげられます。

自分の寝起き質を知る

自分は早く起きると心に決めていても、体がそれに従ってくれるかといったら違います。

2度寝をしてしまったり、アラームをかけても起きなかった経験をしたことがあるという人も多くいます。

それ程眠気というのは意地でも起きてやるという精神論で何とかできるものではないのです。

まずは自分の寝起き質を知ることから始めていきましょう。

著者の場合は眠りが深くアラームをかけても起きないというのが特徴ですので、アラームをなるべく沢山かけて自分の近くの所に置くというのがベストな対策になります。

この様に自分の寝起きの質を把握することで早起きを成功させることができます。

また、アラームのBGMもテンポがゆったりとしたものよりか少し耳障り程度のBGMを選ぶのがオススメです。

自身の経験ですがその方が耳で聴くより脳で聴いている感覚があり目覚めもバッチリできるのでBGM変更もオススメです。

早めに寝る

Photo by Kate Stone Matheson on Unsplash

早めに寝ることで睡眠時間をしっかり確保できるので疲れも癒えしっかり覚めることができます。しかし他にも早めに寝ることの良さはあります。

例えば肌のエイジングケアの役目を持つ成長ホルモンは眠っている間に多く分泌されていて、しっかり睡眠時間を確保すれば肌のエイジングケアもバッチリ行うことができます。

また食欲を抑制してくれる効果を持つレプチンも睡眠を十分にとっていれば濃度を保たせることができ無駄に食べることをしなくなりますが、睡眠不足だとレプチンの濃度は低下しグレリンという食欲を増加させるホルモンを分泌するようになってしまいます。

この様に早く寝ることで早く起きることができる以外にも得られる効果は十分にあります。

くま

これは早く寝るしかないねぇ

参考文献:食欲の秋は睡眠の秋でもある!食欲と睡眠の関係を徹底解説

まとめ

では最後にまとめていきましょう。

早起きが得ではないと思っている理由

体調・気分が悪くなる

ずっと寝ていたいから

早起きは得だという理由

時間に余裕が持てる

朝活を行い生産性向上

健康的で気持ちがいい

行動時間が増える

体内リズムが整う

早く起きる方法

自分の寝起き質を知る

早めに寝る

ここまでご覧いただきありがとうございます。

少しでも生活に役立てる情報発信をモットーに書いています。

TwitterInstagramnoteもやっているので是非覗きに来てください…!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる