(理由・解説付き)学生の内はお金を無駄遣いしましょう

甘党です。学生の皆さん、いきなりですが無駄遣いをしてしまった経験はありますか?

無駄遣いは誰にでもあることですよね。特に学生なんかはお金を自由に使えたりする方も多いので無駄遣いはしょっちゅうという人もいるでしょう。

「無駄遣いを治したいけどどうすればいいのか…。」と悩んでいる方もいると思いますが、僕は“学生は無駄遣いをするべき”だと考えています。

今回の記事の内容は

なぜ無駄遣いをしていいのか

お金を貯金する方法

この記事を見ることで

無駄遣いをしていい理由が分かる→様々な体験・失敗を経験できる

貯金の仕方が分かる→すぐにでも貯金ができるようになる

それではさっそくいきましょう。

目次

なぜ無駄遣いしていいのか?

理由はこの3項目です。

お金のありがたさを知れる

自分の成長に繋がる

多くの経験・体験ができる

お金のありがたさを知る

無駄遣いしていくうちにどんどんお金が減っていきますよね。そうしていくとお金があるということがどれ程ありがたいことか知ることができます。

「お金がないと本当になにもできない…。今日から節約しないと。」こうした辛い状況を味わい“二度と無駄遣いしない”と強く決意させてくれます。

他にもお金のありがたさを知ることで

お金を貯めようという気持ちになる

財布の紐が硬くなる

という風にお金に対しての見方が大きく変わります。

自分の成長に繋がる

お金を無駄遣いして成長ってどういうこと…。

簡単に例をあげますと、もしあなたがお金の無駄遣いをよくしてしまう人で、その無駄遣いに対して「これではいけない」と気づけば、大人になって同じようなことが起こらないようにと対策をしたりしますよね?。

つまり、大人になる前に自分は無駄遣いをしてしまうという性格面に気づくことができた、これが無駄遣いによって気づくことができた成長です。

他にも成長できる例を挙げますと

買い物上手になる

欲をコントロールできる

といった変化が期待できます。

この様にお金を無駄遣いするという失敗を体験することで学び、自分自身を成長することができます。失敗から学んだことは生活・仕事で大きく効果を発揮してくれます。

生活の場合

料理・育児・買い物・節約活動など

仕事の場合

業務・人(同僚・上司)とのコミュニケーション・営業・接客など)

くま

失敗してクヨクヨするより次に活かせるどうかだね!

多くのことを経験・体験ができる

無駄遣いはお金をたくさん使って終わりだと考えていませんか?

僕は多くのことを経験・体験できるチャンスだと考えています。

お金を沢山使うことで、普段の生活では入手できない情報モノ環境を手に入れることができます。そうした体験・経験を通して、自分でも知らなかった能力・個性を理解することができます。

逆にお金を沢山使うことをしなければ得られること・見れるものに限りがあります。だからこそ学生の内に無駄遣いをして色んなことに触れるのが自分の為にもなります。

甘党

自分も服に少々無駄遣いしたことでよりファッションに興味を持つことができ、今ではブログのネタとして活用しています。

学生の内は無駄遣いしてもいいということが分かりましたが、中には

「あともう少しで学生が終わるのに無駄遣い癖が抜けない」「無駄遣いはせずしっかり貯金したい」

そんな風に考えている方に向けて次は無駄遣いをしない方法お金を貯める方法を説明していきます。

無駄遣いをしない方法

お金を使う前に考える

目的を見つめ直す

限度額を決める

断ることを恐れない

お金を使う前に考える

お金を使う前に1度それは本当に必要なものなのか考えてみましょう。

お金があるからといって直感的に欲しいモノをポンポン買ってしまっては本当に必要な時にお金が使えなくなります。

「あの時買わなきゃ良かった」と後悔しても遅いです。そうならない為にも1度考えてみましょう。

まずその場で欲しいモノを考えて紙やメモで書き留めてみましょう。

そしてその欲しいモノの優先順位を決めましょう。

欲しい理由

買った後の効果

1年後・2年後そのモノは使用しているのか

など自分なりに必要だと思う条件を当てはめていき、残ったモノが本当に欲しいモノと考えていいでしょう。

この様にして可視化しランキングにすることで「欲しいと思ったけどその場の勢いだった」現象の無駄遣いを防ぐことが出来ます。

目的を見つめ直す

お金を使おうとするのはなぜなのか?1度見つめ直すことも必要です。

友達との飲み会

ちょっとしたおやつ

など様々な誘惑があります。幸せな気持ち・楽しい気持ちになりますが終わった後のことも考えてみましょう。

甘いものが食べたいのならわざわざデザートを買わなくとも家に帰って「甘い」と感じれる食べ物を食べればいいでしょうし、家にいるのがつまらなくて友達との飲み会に行くのであれば1人で散歩やジョギングをしたりと普段とは違った行動をとるのも方法の1つです。

自分の目的はお金を払わないと達成できないことなのでしょうか?今1度考えてみましょう。

限度額を決める

限度額を決めることでお金の無駄遣いに歯止めの役割を果たしてくれます。

そうするとことで無駄遣い防止は勿論、限度額に達した時に自分がいかに使いすぎているのか分かりやすくなるので現状把握するのにうってつけです。

断ることを恐れない

自分はお金を使わないと決めているのに友達からのお誘いでついつい行ってしまう…。

それは「誘われたのに行かないのは申し訳ない」と思っているからです。

しかしそれではお金が減っていく一方です。

くま

ではどう断れば…。

その場合は金欠だから・用事があるといった方法を行えば友達に「絶対に行けないんだな」と思わせることが出来ます。

※他の方法を知りたい方はこちら→(この方法なら友達に嫌われません)友達からのお誘いを断る方法

自分の人生ですので自分の為に動いていきましょう。お次はお金を貯める方法です。

お金を貯める方法

お金を貯める方法は

貯金用口座を作る

家計簿をつける

小銭貯金をする

この3つの方法です。それでは説明します。

貯金用口座を作る

たった一つの口座で貯金をしようというのは難しいです。

なぜなら無駄遣いする人はそこにお金がある限り使ってしまう癖があります。

使っている本人はお金が減っているという感覚がなく、結局後になってから「無駄遣いをしてしまった」と気づきます。

そうならないためにも貯金用口座を作り、そこに貯金していきましょう。

そうすることで

貯金するお金に一切影響がかからない

通帳にどれほど貯めてきたのかが可視化される

ここで一つポイントをお伝えします。

給料を貰ったら真っ先に貯金をしましょう。

そうすることで確実に貯金を行うことができます。

給料日前日に余ったお金を貯金する方法だと、毎月の貯金にバラつきが生じてしまいますので必ずすぐに貯金に入れましょう。

家計簿をつける

家計簿をつけることで、日々の支出がどんなものに使ってきたのかを把握することが出来ます。

甘党

ちなみに僕はWordを使って家計簿を作成しています

ここからはWordでの家計簿作成を紹介します。

Wordで家計簿を作ろう

1挿入→表を選択し追加する

2携帯代・家賃といったすでに分かっている情報を表に挿入する

ポイント:横は2行にした方が画像のように見やすくなります。

後はお金を使ったら、その日の内に入力すればいいだけです。

実際の家計簿です
甘党

合計金額・財布残高も書いておくと、どれ程減ったのか分かりやすくなります。

この様に家計簿をつけることで

普段のお金の動き

買ったモノが無駄か無駄じゃないかの判別

家計簿というのは自分の状況を理解するのにうってつけの方法です。

小銭貯金をする

財布の中を開けてみてください。小銭が入っていませんか?もし入っているのなら貯金してしまいましょう。

くま

え!小銭ぐらいは…。

甘党

その思考は無駄遣い予備軍ですよ!

なぜダメなのか?

例えば一週間の内に100円の飲み物を週3回のペースで買ったとします。

一か月を4週と仮定し計算すると、

300円(1週間)×4(一か月)=1200円

さらにそこから一年(12か月)で計算すると、14,400円になります。

小銭であったとしても重なっていく内にここまで大きい金額になります。

くま

なら小銭貯金しなくては。でも仕方はどうすれば…。

自分が実際に行っている方法は毎週月曜日にビンの中に小銭貯金を入れています。

入れる日を決めることで無理をせず貯金が行えます。

小銭貯金をすることによって、お札しかない時に「できるだけ崩したくない」という心理が働きコンビニで寄り道するといったことが無くなります。

まとめ

それでは最後にもう一度確認しましょう。

無駄遣いしていい理由は

お金のありがたさを知れる

自分の成長に繋がる

多くの経験・体験ができる

お金を貯める方法は

貯金用口座を作る

家計簿をつける

小銭貯金をする

無駄遣い=悪という考えは置いていき、もう一度お金について見直してみましょう。学生の内から色んな経験をしていきましょう。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

少しでも生活に役立てる情報発信をモットーに書いています。

TwitterInstagramnoteもやっているので是非覗きに来てください…!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる